ゆとり教育とは、1976年、教育課程審議会は、授業についていけない子どもが多いのは、学習内容が過密なためであり、これが不登校の増加や授業が荒れる原因になっているという考えのもと、その状況への対応策として、「ゆとり教育」を言及しました。
審議会は87年には、より積極的にゆとり教育の必要性を説くようになり、ゆったりと授業を受けられるように、教材を削減する答申を出しました。
1989年には、教育課程審議会の答申を受けた文部省(現文部科学省)が、ゆとり教育の導入を狙いとした教育課程の改訂を発表しましたこれは、92年度から実施されるようになりました。
98年、文部省(現文部科学省)はゆとり教育をさらに進めるため、教材を精選した教育課程を採用しましたこれは2002年度から実施。
しかし、この新しい教育課程は、教材の「3割削減」と受け止められ、社会的な反響を巻き起こしました。
なかでも、小学5年生で扱う小数点は10分の1の位までとされているところに、「(円周率は)目的に応じて3を用いて処理する」とあったことから「円周率が3になる」と報道されたため、このような改訂は基礎学力の低下につながると批判の声が高まりはじめたのです。
2002年度からは、学校の完全週5日制が実施されることになり、年間授業日数は202日程度になりました。
その結果、小学6年生の総授業時間数は、1968年度の年間1085時間から、89年度の1015時間を経て、98年度には945時間と、30年の間に140時間減少しているのです。
また「総合的な学習の時間」も導入されており、その分だけ「教科」の時間が減りました。
国語を例にすると、1968年度には245時間あった授業が、89年度の210時間、98年度の175時間へと、70時間も授業時間が減少しています。
こうした状況から、学力低下が社会問題化し、ゆとりをもたせることはよいが、現状はゆとりのもたせすぎではないか、という批判が高まりました。